上棟式(じょうとうしき)

HOME» 家づくり全体の流れ »上棟式(じょうとうしき)

家づくり全体の流れ

上棟式(じょうとうしき)


上棟式は、通常、柱・棟・梁などの躯体が完成し、棟木を上げ終わった当日に行われます。建前(タテマエ)とも呼び、無事に棟が上がったことに喜び、感謝するものです。つまり、上棟式は「儀式」というよりも建て主が職人さんをもてなす「お祝い」と考えた方がよいでしょう。

工事に関わった人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。

このように上棟式はお祝いの会ですので、一般的な住宅の場合、地鎮祭と異なり神主さんを呼ばないことが多いようです。ただし、やり方は地域によっても異なります。



 

上棟式に際し、施主(建築主)が用意するもの

  ・塩、お神酒(1升一本)、洗米→上棟の儀
  ・料理、飲み物→宴席
  ・ご祝儀→工事関係者へ(5,000~20,000円程度)
  ・引き出物、折り詰め等


一般的な上棟式の進行

  ・棟梁が棟木に幣束(ヘイグシ)を立て破魔矢を飾る
  ・建物の四方に酒・塩・米をまいて清め上棟の儀を行う
  ・上棟の儀の後、施主のあいさつ、乾杯を行い直会(宴会)へ
  ・工事に関わっている職人さんの紹介
  ・施主から職人へご祝儀を渡す。
  ・お開き。手締めを行う。


料理やご祝儀の準備上、事前に出席者の人数を施工業者に確認しておく必要があります。どの程度のお酒や料理、おつまみが必要かは地方によって相当異なりますので施工業者とよく相談して準備をすすめると良いでしょう。




住まいのイベント登録・登録内容の編集は
こちらからログインしてください。
新規登録はこちら

おすすめイベント情報

カーサトール倶楽部イベントレポート

ご利用ガイド

工務店様へのご案内

Contents[お片づけ]

Contents[お手当て]

カーサトールについてのお問合せは、必ず「お問合せフォーム」からお願いします。お電話での対応はできませんので、ご了承ください。

 

お問合せ

HOME