躯体(くたい)工事

HOME» 家づくり全体の流れ »躯体工事

家づくり全体の流れ

躯体工事


躯体工事とは、建築物の主要構造となる骨組み工事のことをいいます。仮設工事や仕上工事、設備工事などは含まれません。木造の場合、見積書等には「木工事」と記載される場合もあります。

躯体工事は、建物の耐震性能を決定する大変重要な工事です。この点は、しっかり理解しておく必要があります。

建物が倒壊しないように地震の揺れに対して、建物はどのように抵抗しているでしょうか。(木造の場合)
 
地震が起きると、当然建物も揺れます。この時の縦揺れは、柱と梁で組まれる木造の構造が強みとなります。一方横揺れは、実は木造の弱みになります。木造は上からの圧縮力には強いのですが、強い横からの力(水平力)に対しては変形が起きます。そこで柱と梁などの部材を補強したり、しっかり接合する必要が出てきます。右上図の中に斜めに入っている木材がありますが、これを筋交い(すじかい)といい、一般的な補強のひとつです。そのほか金物による部材の接合なども増えてきています。施工業者にいろいろ相談してみて下さい。



住まいのイベント登録・登録内容の編集は
こちらからログインしてください。
新規登録はこちら

おすすめイベント情報

カーサトール倶楽部イベントレポート

ご利用ガイド

工務店様へのご案内

Contents[お片づけ]

Contents[お手当て]

カーサトールについてのお問合せは、必ず「お問合せフォーム」からお願いします。お電話での対応はできませんので、ご了承ください。

 

お問合せ

HOME