基礎工事・土工事

HOME» 家づくり全体の流れ »基礎工事・土工事

家づくり全体の流れ

基礎工事・土工事


木造の場合、基礎には、通常、布基礎とべた基礎の2種類があります。地盤の硬さ、構造計算によりどちらの基礎を採用するか決定されるのですが、阪神大震災以降は、ほとんどがべた基礎を採用しています。

「布(ぬの)基礎」と「べた基礎」の違い

布基礎とは、何本もある柱の下を連続した基礎でつないだようなもので、壁の長さや方向に連続した基礎になります。木造住宅には、ポピュラーな基礎です。

しかし、布基礎は基礎の枠以外の場所は土が見えるため、湿気やシロアリの被害にあい易いという欠点があります。
 

建物の荷重が地盤の支持力よりも大きい場合には、荷重をしっかりと支えるため、基礎の底版の面積を大きくとる必要があります。この基礎の底版が大きくなると、全部つないだ形、つまり「べた基礎」になります。このようなことから、べた基礎は軟弱な地盤や不同沈下などを防ぐための基礎として用いられています。

しかし、べた基礎にも注意すべき点があります。上図(右側)のように、弁当箱を水に浮かせたことを想像すればお分かりのように、地質の不揃いや建物の重さが極端に偏っている場合などは、建物全体が傾く可能性があります。

当然、基礎の設計は単純ではありません。ベタ基礎にすれば万全というわけではなく、地盤調査の結果を参考にして、地盤改良や布基礎で一部深基礎にするなど、慎重に判断する必要があるでしょう。




住まいのイベント登録・登録内容の編集は
こちらからログインしてください。
新規登録はこちら

おすすめイベント情報

カーサトール倶楽部イベントレポート

ご利用ガイド

工務店様へのご案内

Contents[お片づけ]

Contents[お手当て]

カーサトールについてのお問合せは、必ず「お問合せフォーム」からお願いします。お電話での対応はできませんので、ご了承ください。

 

お問合せ

HOME