建築確認申請を行う

HOME» 家づくり全体の流れ »建築確認申請を行う

家づくり全体の流れ

建築確認申請を行う


 
建物を建築する場合、その建築計画が建築基準法・都市計画法・消防法等、その他多くの法令に適しているかどうかを、事前に役所(特定行政庁)に書類を提出し、問題がないかの確認を取る必要があります。この手続きを「建築確認申請」といいます。

また、公庫融資を利用する場合は、公庫の設計審査申請を建築確認申請と同時に行います。

申請は設計事務所や設計施工業者が建て主の代理人となり、書類や設計図書を作成しますが、あくまでも申請人は建て主となります。確認申請を行う際、故意に虚偽の申請等の違法行為を行った場合は当然、代理人と共に建て主もその責任を負う事になります。

建築確認申請を提出し、建築基準法等に適合していれば、確認済証と、提出した確認申請書の副本が申請者に戻されます。この確認済証を受領したところで工事が着手できるようになります。

確認通知書と建築確認申請書の副本は、建物の登記や建物の増築などを行うときに必要となりますので、大切に保存しておいてください。




住まいのイベント登録・登録内容の編集は
こちらからログインしてください。
新規登録はこちら

おすすめイベント情報

カーサトール倶楽部イベントレポート

ご利用ガイド

工務店様へのご案内

Contents[お片づけ]

Contents[お手当て]

カーサトールについてのお問合せは、必ず「お問合せフォーム」からお願いします。お電話での対応はできませんので、ご了承ください。

 

お問合せ

HOME