実施設計を依頼する

HOME» 家づくり全体の流れ »実施設計を依頼する

家づくり全体の流れ

実施設計を依頼する

 
実施設計は基本設計を元に、設計側から工事施工者に対し、計画内容を伝達し、また見積もり時の積算をスムーズに行うための図面を作成してもらうものです。

そのため実施設計では建物の各部分の寸法や使用材料など細かく決めていく事になります。建物の計画のすべてを図面化するため、図面枚数は何十枚にもなり作図期間も住宅では最低3ヶ月程度はかかります。

さらに、基本設計の後も、建て主との打ち合わせは更に続き、キッチン、トイレ、洗面など水廻り機器をはじめ、床・壁天井仕上げ材、建具、照明、カーテンなどをカタログを見たり、ショールームに実際に行って実物を確認しながら、決めていきます。

また家具配置や作業導線などを考慮しながらコンセント・スイッチの位置や照明器具、床暖房の計画なども決め設備図面に落とし込んでいきます。

実施設計期間の設計者との打ち合わせでは、その内容が細部にまで至り、また専門的で決めなければならない事が山積みになるため、設計士には建て主の負担が軽くなるよう打ち合わせの工程や資料を整理してもらうことをお勧めします。

でも、この時期は今までの計画の最後の詰めになりますので、気を抜いてはいけません。ここで気を抜くと後で「こんなはずじゃ・・・」となりかねません。

そんな時は、実施設計の期間を少し長めに取ってでも、「あせらず、じっくり進めよう」と考えた方がよいでしょう。




住まいのイベント登録・登録内容の編集は
こちらからログインしてください。
新規登録はこちら

おすすめイベント情報

カーサトール倶楽部イベントレポート

ご利用ガイド

工務店様へのご案内

Contents[お片づけ]

Contents[お手当て]

カーサトールについてのお問合せは、必ず「お問合せフォーム」からお願いします。お電話での対応はできませんので、ご了承ください。

 

お問合せ

HOME