敷地・地盤調査を行う

HOME» 家づくり全体の流れ »敷地・地盤調査を行う

家づくり全体の流れ

敷地・地盤調査を行う


 
建物の基礎の仕様は、地盤の状態によって決まってきます。地盤調査は、建築予定地の地盤状況を確かめ、不同沈下*などの不測の事態に備える為に行うものです。一度不同沈下をおこすとその修繕には建物価格と同じくらいの費用がかかってしまうことになります。

地盤に対する事故から住宅という大切な財産を守り、安心して住み続けるためにも、地盤調査は欠かせないものとなっています。最近では、標準工事として地盤調査を行う業者が増えていますので、その点も確認してみるとよいでしょう。
新しく購入した土地だけでなく、建て替えの場合にも地盤調査を必ず行いましょう。


*不同沈下:
同一の基礎や構造物が傾いて沈下すること。地耐力の不足・地盤の不均一性・偏荷重・基礎形式の違いなどによって生じる。不同沈下がある一定量を超えると基礎・壁・梁などにクラックが発生し、ドアや建具の開閉不良、建物の傾斜などの障害が出る。


住まいのイベント登録・登録内容の編集は
こちらからログインしてください。
新規登録はこちら

おすすめイベント情報

カーサトール倶楽部イベントレポート

ご利用ガイド

工務店様へのご案内

Contents[お片づけ]

Contents[お手当て]

カーサトールについてのお問合せは、必ず「お問合せフォーム」からお願いします。お電話での対応はできませんので、ご了承ください。

 

お問合せ

HOME