HOME» カーサトール倶楽部イベントレポート »勉強会レポート『本当のロハス・無添加って何?』

カーサトール倶楽部イベントレポート

勉強会レポート『本当のロハス・無添加って何?』

カーサトール倶楽部早田です。「九州ウーマン×カーサトール倶楽部」のコラボで、勉強会を開催しました。

今回あらたに新入部員が6名入部してくださいました。10月より気持ちも新たに部活動がスタートしました。そして変わらずプレースホームさんにサポートをしていただきます。
<SUPPORT> 私たちプレースホームは「カーサトール倶楽部」の公認サポーターです。

 (カーサトール法人登録)
株式会社プレースホーム
もっとエコ、ずっと健康な一生涯の家を実現するために、独自工法の開発や最適な資材選びなどにこだわっています。

早速ですが先日、新入部員の皆さんと張り切って部活動してきました。
今回はお勉強会&ランチミーティング。テーマは『本当のロハス・無添加って何?』。
講師はプレースホームさんからのご紹介で、兵庫県に本社を置く株式会社無添加住宅の森本さんをお招きいたしました。

無添加、ロハス、天然素材、自然由来・・・などなど耳にすることも多くなった昨今。科学的な物、石油製品が身体に及ぼす「害」について考え、気をつける人が増えてきた結果なのだろうと感じます。まずは食べ物から変えていこう、化粧品から変えていこうと、私自身も選びに選んで暮らしていたつもりでした。

しかし、空気は選んでなかった。空気を選ぶという視点がなかったんですよね。はて?『空気を選ぶ。』ってどういうことでしょうか。まずは、これに私も驚きました。

人が1日に取りこむ飲食量は多くても約2kg

人が1日に吸う空気の量はなんと約20kg


身体に取り入れる量でいえば、空気は食べ物の約10倍の量。この量から考えると、食べ物、飲み物、肌につけるものに比べて、空気はよりダイレクトに人体に影響してしまう事がわかります。

ここで考えたいのが私達の住まいについて。

アレルギー、シックハウス症候群、化学物質過敏症、どれも近年よく聞かれる疾病ですが、100年前には存在しなかった病ではないでしょうか。では江戸時代、どんな材料でお家を作っていたのでしょうか?

それは『石・土・木』などの自然素材です。

住宅を建てるために化学物質が使われるようになってから増えてしまった様々な不調を訴える人々。脅かすつもりはありませんが、一番の被害者は体の小さな子供と家に居る事が多い女性達かもしれません。なぜかというと、使われている建材や壁紙、接着剤、畳などから有害物質が揮発して空気中に霧散し、それを知らずのうちに吸い込んでいるのですから。
空気は目に見えないものだから、知らず知らずに体内に蓄積されてしまいます。そして一定の量を超えたあたりで症状が出始める・・・

さてここで一つご提案がありました。壁を化学物質を用いずに「漆喰(しっくい)」にすること。漆喰は静電気を帯びないためハウスダストがなくなるばかりか、化学物質の分解性能もあるんだそうです。・・・すごい。

無添加住宅さんのキャッチコピーは『息が出来るお家』。その代理店でもあるプレースホームさんはリフォーム部門も大忙しとのことで、最近ではクロスから漆喰の壁にリフォームするなどの依頼にもこたえてくれるそうです。

『もうお家建てちゃったけど・・・』
『マンション買っちゃったけど・・・』

な人もぜひご相談してみてくださいね。ちなみに化学物質は、接着材がパキパキに乾いてクロスがはがれ落ちてしまうまで、じわ~っと揮発し続けてているそうですよ。

食べ物、身につけるもの、肌にのせるものに気をつけるのと同じくらい、お家の空気も選びましょう。

空気が大切な事、これはよくわかりました。では、自然素材だけで家を建てれば安心なの?
・・・実はそうではないのです。もちろん、安心・安全な自然素材を使う事は重要。でも、自然素材だからすべてが安全かというとそうではないのです。

住宅に使う床材と言えば、杉やヒノキが浮かびますね。これ、赤ちゃんがこの素材を使った床の上をハイハイすると善玉菌を殺してしまう事がわかりました。
善玉菌が減少する→免疫力が下がってしまいます。さらにシックハウス症候群の方にも作用が強すぎるとの事。

また、畳はイ草という植物から作られます。植物は自然素材だから身体に良いよね?と思うけど、近年は農薬をたっぷり使ったイ草の畳が主流で決して身体に良い物ではないんだとか。

とくに身体に深刻なダメージを与えるのは油溶性の毒物成分。水溶性の成分は毒物であっても尿になり体外に排出されるのですが、油溶性の毒物は体内の脂肪に溶け込んでしまうため、なかなか排出されないのだとか。

ここで、皆さんも一度は耳にしたことがあると思う『ホルムアルデヒド』。諸悪の根源の様に言われてきましたが、これ、水溶性で特に深刻なダメージを与えるものではなかったらしいんです。でも1990年代に規制してしまったので、今更変更はできず今も規制され続けています。

そして本当に身体にダメージを与えてしまう成分は、なんなく使われてしまう・・・

ここまで勉強してきて、私達を守るものは『知識』だなと。そして重要なのは消費者が身につけた知識を理解し、さらに上を提案してくれる企業を選ぶ事。

一生に一度、あるかないかの大きな買い物である『住まい』。間取りや立地も大切だけど、まず考えたいのは『健康に暮らせる家』であること。今回の勉強会では、住まいについて今までになく真剣に考えました。部員の皆さんも同じ気持ちだったはずです。
 
無添加住宅よりお越しくださいました講師の森本さん、いつもクラブ活動をサポートしてくださっているプレースホーム福岡支店の皆さん、ありがとうございました!


株式会社プレースホーム
福岡店

【所在地】〒816-0931 福岡県大野城市筒井4-4-27
【連絡先】 TEL:092-589-3223
【URL】http://place-home.co.jp/

 

img取材レポーター:早田 純子
カーサトール倶楽部メンバー
アートフラワー・リース作家 (june de fleur)
オリジナルデザインのリースやバッグチャームなどを完全オーダーメイドで作成・販売しています。

●九州ウーマンPROページはこちら



住まいのイベント登録・登録内容の編集は
こちらからログインしてください。
新規登録はこちら

おすすめイベント情報

カーサトール倶楽部イベントレポート

ご利用ガイド

工務店様へのご案内

Contents[お片づけ]

Contents[お手当て]

カーサトールについてのお問合せは、必ず「お問合せフォーム」からお願いします。お電話での対応はできませんので、ご了承ください。

 

お問合せ

HOME