HOME» Contents[ペット] »ドッグフードの選び方

Contents[ペット]

ドッグフードの選び方

ペットフードの表示義務項目
2009年6月1日より愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称ペットフード安全法)が施行(せこう)され、製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられました。
以下5項目は、ペットフード安全法で義務化された表示項目です。 (環境省自然環境局による詳細解説)
 
① ペットフードの名称
ペットフード協会によると、「ペットフード」の定義は以下のようになります。ペットフードとは?
穀類、デンプン類、糟糠類、糖類、油脂類、種実類、豆類、魚介類、肉類、卵類、野菜類、乳類、果実類、きのこ類、藻類、 ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、その他の添加物などを原材料とし、混合機、蒸煮機、成型機、乾燥機、加熱殺菌機、 冷凍機などを使用して製造したもの、または天日干しなど簡易な方法により製造したもので、イヌの飲食に供するもの(以下「ドッグフード」という。)またはネコの飲食に供するもの(以下「キャットフード」という。)をいう。
② 原材料
ドッグフードの用いられている原材料の詳細に関してはドッグフードの成分で詳述しました。原則的に、添加物を含む全ての原材料の表示が義務化されています。 この義務化の背景には、平成19年3月、米国において有害物質メラミンが混入したペットフードが原因となり、多数の犬及び猫が命を落とした事件があります。さらに同年6月、メラミンが混入したペットフードが、我が国でも輸入されていたことが発覚し、原材料表示義務化に拍車がかかりました。

【メラミンとは?】
有機化合物の一種で、ホルムルデヒドとともに、メラミン樹脂の主原料とされる物質です。中国のメーカーが食品のタンパク質含有量(窒素含有量)を捏造するために利用されたことで一躍有名になりました。
事例として、2007年メラミンが混入された中国企業製のペットフードがあまりかなどに輸入され、犬や猫が主に腎不全で死亡した事件。2008年中国国内でメラミン混入粉ミルクが原因で乳幼児に腎不全が多発した事件などがあります。
③ 賞味期限
賞味期限(しょうみきげん)は基本的にはアラビア文字で記載されています(061225 など)。また賞味期限がメーカーにより設定される場合は、3年を超えないことが義務付けられています。
④ 事業者名・住所
「製造者」・「販売者」・「輸入者」など事業の種類を明記した上、事業所の住所が記載されます。
⑤ 原産国
ペットフードの最終加工工程が行われた国を表します。原材料がアメリカ産でも日本で加工されれば原産国=日本と表記されます。

こんな記載があると怪しい
ドッグフードのパッケージに記載されているとおかしい表記の事例をご紹介します。微妙な表現の違いにより、消費者をミスリード( 誤った方向へ導くこと)するかのような例もあります。注意しましょう!!
A)「~病を予防する」・「~病に効果あり!」
薬事法(やくじほう)の規制により、このような表現は禁止されています。ペットフードは薬事法で定められた医薬品や医薬部外品ではありません。もしこのような表記を見かけたらその時点で法に抵触しています。
B)分割表記
「分割表記」とは、同一成分であるにもかかわらず、表現を変えて複数記載していることです。 ペットフード工業会に所属しているメーカーなら、ドッグフードの成分は多く含まれている順に80%まで表記するよう定められています。成分表示にとうもろこし、コーングルテンなど同一成分を名称を変えて分割表記している場合は、フード中の最も多く含まれている成分をごまかしている可能性を否定できません。 この場合、「とうもろこし」と成分を統一してしまうと成分比が最も多くなり、一番上に表記する必要が生じます。「肉」が一番上に来ていたほうが消費が伸びますので、メーカーとしては「とうもろこし」が一番上に来るという表記順を避けたいと考えられます。
C)「自然」・「ナチュラル」
その他「フレッシュ」、「新鮮」、「生」などのバリエーションがありますが、加工されているペットフードに対して「自然」や「ナチュラル」等の表現を用いるのは、多くの場合消費者の誤解を招きますので望ましくありません。
D)「特選」・「特級」
客観的な根拠に基づかない「特選」、「特級」等の表記は、実際の商品や他の競合商品よりも著しく優れているという誤解を消費者に招きます。同じ理由で、「受賞」、または「推奨を受けた」と誤解されるような表記もしてはならないとされます。
E)総合栄養食の表記
国産総合栄養食の場合、「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています」 または「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています」 という表記があるはずです。もし表記がない場合はペットフード工業会に所属していないか、所属してもルールを守っていないメーカーとなります。 ちなみにペットフード公正取引協議会では、総合栄養食を証明する基準として、世界的に認められた小動物の栄養基準となっているAAFCO(全米飼料検査官協会)の分析試験による栄養基準、または給与試験プロトコールを採用しています。
F)AAFCO合格(承認、認定)
AAFCO(全米飼料検査官協会)はドッグフードの検査機関ではありません。ドッグフードの栄養学的な基準値や検査方法を設けている機関です。それなのに「AAFCO合格」、「AAFCO承認」、「AAFCO認定」という表現をしている場合は、消費者の誤解を招く可能性があります。
G)賞味期限がやたら長い
あまりにも賞味期限が長いものは、それだけ多くの保存料や酸化防止剤を添加しているということです。体にとって必要な保存料というのはありませんので、入っていないことに越したことはないでしょう。
H)価格が異常に安い
他のものに比べて妙に安かったり、量の割には異常に安かったりした場合は原材料費が安いと考えられます。
I)水分含量のマジック
ドッグフードのラベルには通常粗タンパク質、粗灰分、粗脂質、粗線維の含有量が記載されています。しかしペットフード工業会に所属していないメーカーで、上記した値ではなくただ単に「タンパク質含有量」という名目で%表記している場合は一考を要します。つまりフード中には水分も含まれますので、この水分を除外した残り部分に対する割合と考えなければならないのです。
オマケ↓
水分含量の違いによって、タンパク質含量に奇妙な差が出るという事例です。表記として虚偽を記載しているわけではありませんが、消費者としては第一印象にまどわされないよう気をつけましょう。
「内容量100g/水分含量10%/タンパク質含有量10%」の場合
正味のタンパク質含有量=100g×0.9(乾燥重量)×0.1=9.0g
「内容量100g/水分含量75%/タンパク質含有量20%」の場合
正味のタンパク質含有量=100g×0.25(乾燥重量)×0.2=5.0g
すなわち、タンパク質含有割合は後者の方が大きい(20%>10%)にもかかわらず、正味のタンパク質含有量は前者のほうが大きい(9g>5g)という第一印象とは逆の結果が出ます。

ちなみに私は愛犬に毎日手づくりご飯を食べさせています。
2分~5分でできるので面倒ではありません。


img佐藤 美智子さん
ペット鍼灸師
犬・猫・飼い主(ヒト)が心身ともに健康で幸せで暮らすために役立つ情報を発信しています。
ペットと飼い主が心身ともに健康で暮らすことを目的に、ペットのためのアロマセラピー、ホメオパシー、フラワーエッセンス、マッサージ、鍼灸、リハビリテーション、音楽波動療法、食育などの自然療法を啓蒙・普及しています。
  ペットの自然療法学院
  HP:http://pet-naturopathy.com/ 
  BLOG:http://ameblo.jp/rawfoodhappyforest/
              ⇒九州ウーマンPROページ
 
 
こだわりのペットフード販売

 

 
2,000円(税込) 富士子ベーコン for Dog(犬用)
1,500円(税込)
⇒ショップページはこちら
 


 



住まいのイベント登録・登録内容の編集は
こちらからログインしてください。
新規登録はこちら

おすすめイベント情報

カーサトール倶楽部イベントレポート

ご利用ガイド

工務店様へのご案内

Contents[お片づけ]

Contents[お手当て]

カーサトールについてのお問合せは、必ず「お問合せフォーム」からお願いします。お電話での対応はできませんので、ご了承ください。

 

お問合せ

HOME