HOME» Contents[お片づけ] »~片づけが苦手な方へ~なぜ片づけが終わらないのでしょう?

Contents[お片づけ]

~片づけが苦手な方へ~なぜ片づけが終わらないのでしょう?

なぜ片づけが終わらないのでしょう?

「片づけよう!」と一念発起してとりかかる。

ある箇所を片づけはじめる
→そこから出てきた物を別の場所に入れようと思いつく
→移動した先の場所も片づけようととりかかる
→片づけきる前に途中で力尽きるorタイムオーバー

気づけば部屋の中は片づけはじめる前より散らかったまま、ものがあちこちに散乱→使いやすくなったかといえば物が移動しただけで大して変わらず、茫然としてヤル気ダウン→いつまで経っても片づかない

・・・となってしまってはいませんか?

今回は片づけを完了させるために必要な3つのポイントをお伝えします!
まず紙とペンを用意して・・・次の3つにトライしてみてください!
 
ポイント①『なぜ片づけたいのか』を考えて、書き出してみましょう♪

例えば
「家事を楽にこなして自分のための時間を作りたい」
「収納の中がパンパンでものが外にあふれ出ているけど、きちんと収めて使いやすい収納にしたい」
「ものがどこにあるか把握していて、サッと取り出せ、サッとしまえるようにしたい」
「憧れの○○さんの部屋のようにしたい」などなど。

片づけること自体ではなく、片づけ終わったとき、どうなっていたいのか?を考えるのがポイントです。
そしてそれを実現するための方法をもうちょっと具体的に掘り下げて行きましょう。

「床に置いてある物をいちいちどかせて掃除をするのに時間がかかっている」
「収納の中が、使っていないものでぎゅうぎゅうになっているから使っているものが外にあふれ出している」
「しまう場所まで辿りつくのが面倒でつい適当に物を置いてしまってどこに何があるのか分からなくなっている」
「憧れの○○さんの部屋と自分の部屋の違いは見えているものの量と、色数だ!」などなど。

そうすると、片づけで重視するべきポイントが見えてきます。
最終的には家中を片づけたい、と思われている方も、ポイントを絞って一か所づつ片づけて行ってください。


ポイント②『自分の片づけの力量と費やせる時間を把握』しましょう♪

自分にはどんな片づけ方法が合っているか? 少し考えてみましょう。
今までどんな片づけ方をしていて、うまくいった時、うまく行かなかった時はどんな時だったのか?

「押し入れを一気に片づけようと始めたけれど途中で挫折した」
「ついつい後回しにしてしまうので、強制的に時間をとったらなんとか片づいた」
「本の整理を始めたが、ついつい読み込んでしまって続かない・・・」などなど。

自分が続けられないことには何か理由があるはずです。上の例で言うと、例えば
「大量の物を片づけようとしていたけど、それを完了させるのにかかる時間については考えていなかった」
「ヤル気が出るのを待っていても自動的には出ないことが分かった」
「本の整理は時間がかかり過ぎる傾向がある」など。

せっかく片づけだしたのに、結果が出ないのは損。とってももったいないことです。自分にはどのようなものを、どのくらいの量、どのくらいの時間をとれば、無理なく片づけ続けられるか、ざっくりとでいいので計画をたてましょう。

また、片づけに慣れていない方は、小さいスペースから取り掛かることをお勧めします。思い出の品も、片付けに慣れてからとりかかるとエネルギーと時間の節約になります。


ポイント③『モチベーションを保つための方法』をみつけましょう

好きなこと、楽しいことって続けるのが苦ではないけど、嫌なこと、辛いことはなるべくしたくないものだと思いませんか?

そして、今、片づけを「嫌なこと」だと思っているのなら、片づけ、したくないですよね。

片づけが「好きなこと」になれば、モチベーションも上がるものですが、苦手なことを、無理やり「好き」と自分に思い込ませるのは難しいものです。

だから、最初から片づけを好きにならなくてOKです!
その代わり、片づいた後の未来の部屋をすごーく好きになってみてください!

ものの住所は全部決まっていて、掃除もし易く、お気に入りの小物が飾ってある・・・そんな素敵な部屋のために頑張るんだ!と、注目する視点を変えてください。

片づけは単なる通過点に過ぎないのです♪

だから、いっぱい妄想して、片づけ終わった部屋を素敵なものにしてください。そして、その部屋へ向かって一歩一歩歩んでいる自分をはげます方法も考えてみてください。

・家族に「頑張ってるね」と褒めてくれるよう協力を依頼する
・1か所片づけ終わるたびに、ご褒美を用意する
・片づけ計画表に一か所終わるたびにお気に入りのシールを貼っていく etc...

自分が喜ぶ方法って何かな?と考えてみてください。

そして最後にとってもおススメの方法。それは「片づける前の写真を撮る!」ことです。

出来れば家中の写真を、収納扉の中も余さず撮っておくことをお勧めします。確かに、今の片づいていない部屋を記録に残すのには抵抗があるかもしれません。でも、片づけのビフォーアフターの写真を見比べることは、モチベーションを上げるのにとっても役立ちます!

「頑張った自分」がもろに映し出されます。

メジャーや体重計などで測れればいいのですが、片づけには明確な単位がないのです。目に見える成果がある方が、断然モチベーションが続きます。なにより、自分で自分を褒めるのに最高なツールです。

また、写真は客観的事実のみを写し出すので、自分では気づいていなかったゴチャゴチャスポットに気づけたりもします。

後々の自分のために、今のありのままを撮ることをおススメします♪
img伊藤 牧さん
ライフオーガナイザー

片付け・整理・収納のスペシャリスト
やりたいことは沢山あるけど、全部はできません。優先順位をつけることを片付けや時間管理など暮らしに生かしましょう。自分自身を大切にした、住んでいる人が主役の部屋づくりをお手伝いをしていきます。
とりのくらし
HP:http://www.torinokurashi.jp/ 
九州ウーマンPROページ

 


2014/07/23


住まいのイベント登録・登録内容の編集は
こちらからログインしてください。
新規登録はこちら

おすすめイベント情報

カーサトール倶楽部イベントレポート

ご利用ガイド

工務店様へのご案内

Contents[お片づけ]

Contents[お手当て]

カーサトールについてのお問合せは、必ず「お問合せフォーム」からお願いします。お電話での対応はできませんので、ご了承ください。

 

お問合せ

HOME